HOME

固定ページ

力強いご支援に感謝申し上げます

 暑中お見舞い申し上げます。

 先の参議院選挙では皆さまに力強いご支援をいただき、ありがとうございました。社民党としては、3年前より比例全体票を約30万票増やしたものの1議席に留まり、私は個人名票2位で議席を獲得することができませんでした。力不足であり、ご支援していただいた皆さまに申し訳なく思っています。

 全体の参議院選挙結果は、自民・公明に過半数を与え、自民・公明・おおさか維新及び非改選の改憲容認議員を合わせると3分の2を超えました。安倍総理は、自分の任期中に憲法改正国民投票を行いたい、参議院選挙において3分の2の議席獲得を目指すと表明していました。

 しかし、街頭演説では憲法には全く言及せず、経済・アベノミクスを前面に掲げ、徹底した争点隠しを行いました。安倍総理は、参議院選挙後の記者会見で、憲法審査会において憲法改正議論を進めていくことを表明しました。国民の思いとは別に、憲法改正議論が進んでいく可能性があります。国民世論に訴えながら、何としても「憲法改悪」を阻止しなければなりません。今必要なことは、憲法を変えることではありません。憲法9条違反の戦争法施行、非正規労働者や貧困層の増加、格差拡大、大震災・原発事故の被災者の現状、沖縄の民意を無視した新基地建設、地方の疲弊、言論弾圧など、現実の諸問題を憲法の理念や条文を「活かして」解決・前進させること、まさに「活憲運動」こそ求められているのではないでしょうか。

 私としても、今回の参議院選挙の戦いを総括・反省し、同志の皆さんと相談しながら、今後の行動方針を決めていきたいと考えています。引き続きの変わらぬご支援・ご指導をお願い申し上げますとともに、皆さまのご健勝・ご活躍を祈念申し上げます。

平成28年7月13日

吉田ただとも


お知らせ

  • ホームページをリニューアルしました。(2016/3/2) 

新着情報rss_002_e-trans